フリーダイヤル/ 受付 9:30-19:00

0120-8020-33

〒854-0068 長崎県諫早市青葉台29
© isahaya - inoue dental clinic

こんにちは! 歯科衛生士の鳥越です。
寒い日が続いていますが、皆さん体調管理には気を付けていますか?
今日は、クリスマスイブですね🌲✨
週末は、クリスマスパーティーをされた方も多いのではないでしょうか。

今年も、いよいよ残り約一週間となりました。
皆さんにとって今年一年どういう年になりましたか?
私は、何事もなく充実した日々を送ることができました!!!
来年は、ねずみ年なので私は〝年女〟です🐭🧀
また、人として成長できるように日々頑張りたいと思います。

先月誕生日を迎え、プレゼントで頂いたストレッチポールにはまっています(笑)
元々、反り腰を改善するために頂いたのですが
使い方によっては、いろいろな事に効果があるみたいです!!

★ストレッチポールの効果★
●日常生活で起こる筋肉の緊張をやわらげる
私たちは日々生活の中で身体を酷使しています。何かに集中しているときは、前かがみの姿勢になりやすく、その際身体の前面の筋肉は緊張しています。
前面の筋肉の緊張が強い場合、肩や背中が床から離れ、少ない面積に集中して体重がかかります。これは自然な状態とは言えず、常に身体に力が入り続けてしまいます。
ストレッチポールに寝てゆっくり呼吸をすることで、胸や肩、太ももといった緊張しやすい筋肉が腕や足の重さで自然とストレッチされます。

●骨格を本来の正しい状態へリセット

ソース画像を表示
ストレッチポールに仰向けに寝ると、頭蓋骨の後ろ、胸椎(肩甲骨あたりの背骨)、仙骨の下方(骨盤の後ろ)の3点のみがストレッチポールにあたり、下から押される形になります。
これにより、丸まっている背中は適度なカーブに戻り、反り腰は改善され、骨盤は適切な角度になります。ソース画像を表示●呼吸が深くなる 助骨を広げ、十分な空気を取り入れる
前屈み姿勢は肋骨まわりを動きにくくします。すると、肺が空気を取り込みにくくなり、呼吸が浅くなってしまいます。
浅い呼吸は酸素が全身に行き渡ることを妨げ、血流の減少、疲労の増大など様々な問題を引き起こします。
ストレッチポールに寝ると背骨のみで身体を支えることになり、肋骨が開きやすくなります。そこでリラックスして呼吸をすることで、より大きな呼吸をすることができます。

実際、乗ってテレビを見ながらゴロゴロするだけでも
すごく気持ちいいので長続きしない私でも続いてます(笑)
気になる方は是非使ってみてください♪

いのうえ歯科・矯正歯科

いのうえ歯科・矯正歯科は
長崎県諌早の矯正歯科・一般歯科です。

フリーダイヤル/ 受付 9:30-19:00

0120-8020-33

〒854-0068 長崎県諫早市青葉台29
tel
0957-44-8020
fax
0957-44-8023