フリーダイヤル/ 受付 9:30-19:00

0120-8020-33

〒854-0068 長崎県諫早市青葉台29
© isahaya - inoue dental clinic

こんにちは。
矯正医の井上です。

昨年はたくさんの患者さまに当院を受診・ご紹介していただき、またあたたかい心遣いを賜りまして
本当にありがとうございました。
本年もスタッフ一同技術と知識の研鑽に励み、皆様のお悩みに寄り添えるよう努めてまいりますので
どうぞよろしくお願いいたします。

新年のご挨拶をして早々ですが、わたくし自身は1月15日から産休をいただくことになりました。
ご予約・ご相談等ご不便をおかけして大変申し訳ありませんが、
3月には復帰をする予定ですのでしばらくの間ご協力をお願いいたします。
産休中は外勤先でいつも一緒に仕事をさせてもらっている先生をお呼びして診察していただきます。
装置のトラブルなど急を要する場合は院長が随時対応いたしますので、ご遠慮なくご連絡ください。

さて、昨年12月にスタッフと共に講演会へ参加いたしました。
経験豊かな先生方のお話をたくさん聞いて、歯科がみなさんの健康に
携われることの可能性がまだまだあるということを再認識いたしました。
すでに崩れてしまった歯並びやかみ合わせを治すのはもちろんですが
とくに子供たちに対して“健やかに育てる”という目線を持つようになると、
自然と院内での会話も変わってきます。
病気を防ぐために通院するという病院は歯医者さん特有のものです。
当院では、むし歯や歯周病の予防の先にある健康を見据えて定期チェックを
させていただいておりますので、時にはそんなこと歯に関係あるの!?という
指導をすることもあるかもしれません。
糖尿病の話、心筋梗塞、履いている靴の話、呼吸の話、姿勢の話、筋肉の話・・・
どれも健やかに生きるために必要なことで、歯科が携われることでもあるのです。

とくに子どもたちが健やかに育つための大きな軸を作ってあげる作業は、生後すぐに始まります。

当院では『赤ちゃん歯科』という冊子を待合室にご準備しております。
歯がないうちに歯医者に来るというのはなかなかないでしょう。
ただ、お父さんお母さんに知っておいてほしいことがこの時期は
たくさんあります!!
助産師さんや保育園、幼稚園の先生、連携を取りながら子どもたちの
健康を育て見守ることができれば一番ですが、まずはご両親に当院が
お伝えしたいことをまとめております。
妊娠中や産後のお母さん方には是非目を通していただけると幸いです。

産休に入るにあたり、ご迷惑をおかけするにもかかわらず
あたたかい言葉をたくさんの患者さまからいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。復帰しましたらご恩返しができるようにまた頑張りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

こんにちは。歯科衛生士の桶屋です。
空梅雨なのか今年の梅雨は全然雨が降らないですね。。。
田んぼには田植えが終わった畑もあり、雨が降らずカラカラした田んぼばかりで心配していましたが、今日やっと雨が降り、お米農家さんにとっては恵みの雨になったんじゃないでしょうか??

私は最近周りからの嬉しい報告がたくさんあり、お祝い事で一杯です(#^.^#)
結婚が決まった友達でも片手じゃ収まらないくらいで、それに加えて出産ラッシュでもあります!
去年もちらほらあったのですが、今年はびっくりするくらいの件数に
これがあの結婚&ベビーブームなのか!!!……と実感しております(笑)

なので休日は時間があれば友達の子供たちに会いに行って一緒に遊んでもらっています♪
明日で2歳になる女の子と、1歳の男の子、4か月の男の子がいつものメンバーですww
この間は天気が良かったので、みんなで結いの浜に行き、初の海を体験させたり、砂遊びをしてきました!みんなの夢中な姿を見てたら可愛くてたまりませんでした( *´艸`)
いつも癒しをありがとう!こらからも元気に育ってね!!

inoue-shika4 inoue-shika1 inoue-shika2 inoue-shika3

いのうえ歯科・矯正歯科のサイトをご覧いただきありがとうございます。

この度、開院以来そのままだった当院のサイトを新しくリニューアル致しました!

院の診療台のように賑やかな色使いで、皆さんに楽しんでご覧頂けたらと思っております。

また当院スタッフの紹介や、それぞれの診療内容のご案内よくある質問をまとめてみたりと内容も充実しております。
カメラマンさんの写真がとても素敵で当院の自然体の姿を撮影いただけたので、初めての患者様にも事前にイメージしていただきやすいのではないかと考えています。

ウェブサイトは勿論のこと、普段の診療でも皆さんに喜んでいただけるよう、スタッフ一同精進してまいります。今後ともいのうえ歯科・矯正歯科をどうぞよろしくお願いいたします。

inoue-shika1-2

小児歯科と一般歯科の違い?

いのうえ歯科では世代を問わず、大人からお子様の歯まで診療を行っています。
同じ歯の治療ですが、小児歯科と一般歯科には大きな違いがあります。それはなんでしょうか?

日々成長する顎や歯。

成長期にあるお子さまの顎や歯は日々成長し変化しています。
その変化を踏まえた上で、お子さまにとって将来問題になることを未然に防ぎ、
健全な成長をサポートするのが小児歯科治療の最大の特徴です。

歯磨きが上手にできない

きちんと歯の汚れ(プラーク)を落とすには正しい歯の磨き方を覚えなければいけません。子どもの場合その技術が未熟なため磨き残しがでてしまい、虫歯の原因となります。
まずはしっかり歯を磨けるようになることも虫歯が出来なくなる重要なポイントです。

乳歯のエナメル質や象牙質が薄い

「乳歯は永久歯に比べてエナメル質も象牙質も薄い」という点です。乳歯は永久歯に比べエナメル質や象牙質が半分ほどの厚みしかありません。そのためむし歯菌による浸食が大人よりも早く、虫歯が進行しやすいという特徴があります。

食べカスが溜まりやすい

3つ目の原因は「食べカスが溜まりやすい」ということです。乳歯は永久歯と比べ溝が多く深いためカスが溜まりやすく、磨き残しが多くでてしまうため、むし歯菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。

 

他にも小児歯科ページで詳細ご案内しています。
是非ご覧ください。