フリーダイヤル/ 受付 9:30-19:00

0120-8020-33

〒854-0068 長崎県諫早市青葉台29
© isahaya - inoue dental clinic

こんにちは。歯科衛生士の桶屋です。
夏の暑さも終わりかけ、秋らしく過ごしやすい気候になってきましたね。
個人的には、この夏から秋に変わる時期の心地よい風がとても好きです(*^^)v

今年の夏は海にBBQに旅行にと思う存分楽しみました!
おかげで日焼けの跡がなかなか戻りません(笑)
夏の最後は花火で締めくくろうと思い、最後の夏を感じにハウステンボスの九州一花火大会に行ってきました!!

西日本では最大級規模の2万2000発の花火らしく、「世界花火師競技会」の決勝や、国内トップレベルの花火師たちによる「一尺玉品評会」、5分間で4000発を打ち上げる大スターマインなど物凄い数の花火に感動しました(;_;)/~~~
花火観覧用の座席チケットも準備していたので、あんなに間近でこんなに大きくて沢山の花火を見たのは初めてでした。曲に合わせて打ち上がる花火もあって会場が沸いててすごく楽しかったです!
また来年行けたらいいなと思ってます!
来年はボックス席で寝ころびながら花火を見れたら最高ですね(笑)
花火は動画で撮ったのでハウステンボスの写真です(;^ω^)

こんにちは、歯科衛生士の野田です。十月になりました、秋本番ですね。実りの秋、収穫の秋。
先日わたくしは、毎年恒例になっている親戚の家の稲刈りのお手伝いに行ってまいりました。
稲刈り機が刈ってくれた稲穂を通称『馬』と呼ばれる掛け干しの棒にかける作業が主な仕事です。
稲を刈ったばかりの田んぼは、カエルやバッタやコオロギ、クモがいっぱい飛び跳ねています。稲の葉っぱの上からじっと状況を監視しているカマキリ、刈り落された稲の隙間に隠れて動向を見守っているトカゲやイモリ、そして今年は、狂ったようにあちこちと走りまわる小さなネズミにも会いました。

腰を落として目線を稲の切り株の高さにして『虫の目線』にしてみると・・・、まさに小動物たちの世界が見えてくるようでした。(カメラに収めようと試みましたが、動きが早くて・・・素人ではダメでした・・・(‘_’))
大きく成長した稲の茂みの中で営まれていた昆虫や小動物たちの生活が、稲刈りによって突如として丸裸にされた訳ですから彼らが戸惑って飛び跳ねたり走り回ったりするのも当然ですよね。
大げさに言えば、天候の急変により竜巻が発生して住処とももろとも無くなった状態でしょうから。
これらの昆虫や小動物は、これまで水稲の森をねぐらとし生活しながら、稲の生育に害のある虫や雑草を食べて頑張ってくれていたわけで、おいしいお米ができるのは彼らのおかげでもあると思うととても愛おしくなり感謝の気持ちでいっぱいになりました。クモさん、トカゲさん、田んぼ以外でお会いした時はいつも驚いてばかりでごめんなさい・・・🙇。

こんにちは、歯科衛生士の松山です。
皆さん9月の連休はいかがお過ごしでしたか?
今月は連休がたくさんあったのでゆっくり過ごす機会がありました。
先週のことなのですが、私はイカが食べたい!という突然の思いつきで
佐賀県唐津市の呼子まで足を運びました。
たまたま行った日は、年に一度のイカ祭りが開催されていたこともあり
非常に多くの人で賑わっていました。
イカを食べるまで2時間も待たければいけなかったので
周囲を散策しているとイカ墨ソフトという興味をひくものを発見しました。

味はイカ墨よりミルクの味が濃厚でしたが、食べ終わった後は舌が真っ黒になっており
まさにイカ墨ソフトでした。笑
その他にも様々な催し物があり、有意義な待ち時間を過ごすことができました。

そして、まちに待ったイカを食べることができました。
呼子のイカは透明感もあり甘みも強く、すぐに食べてしまいました☆
今回食べたイカは「ヤリイカ」という種類だったのですが、季節によって
獲れる種類が違うみたいなので季節をずらしてまた行きたいと思います。

こんにちは!
矯正医の井上です。
週末は台風でしたね。連休でもありましたしレジャーの予定をキャンセルされた方も多いのではないでしょうか。
我が家もそれに違わず当初の予定を変更して、近くの電気屋さんで購入した簡易マイクで自宅カラオケ大会となりました。
娘と主人は歌って踊って大はしゃぎ。こうなると私は嫌な予感がするんです・・・。
夜、私の至福のお休みタイムをぶち壊すように二人が奏でる『い・び・き』!!
交感神経が高ぶったまま休むので、殺意さえ湧くほどの大音量なのです・・・。
いつもみなさんにおすすめしている『でっかい口唇テープ』を持ってくればよかったとつくづく思いました。

でっかい口唇テープ、いかがですか?
当院で歯並び治療や呼吸トレーニングでおすすめしているテープは少々でっかいので、最初はみなさん驚かれます。
装置を使用している方は装置がお口から出ないようにする側面もありますが、
あくまで鼻呼吸のトレーニングが主な目的です。
テープはピッタリくっつけずに、くちびるを覆うようにふんわり置いて、
くちびるの中央と両端をポンポンと軽く押さえるくらいでOKです。
装置なしでトレーニングしている方は、10分後にテープが湿っていないかチェックしてください。
湿っている場合は途中から口呼吸をしてしまっている証拠ですよ。

鼻が詰まり気味で少し息苦しく感じられるときは、鼻を通す呼吸をしてみましょう。
まずは大きく吸って~っと言いたいところですが、息は吐くことから始めます。
吐ききったら鼻をつまんで息を止めます。
そろそろ苦しい・呼吸したいな、と感じたら鼻から手を放し、鼻で息を浅めに吸います
この時の、浅めにというのがコツです。
最初は苦しいですが、数回繰り返すと鼻がだんだん通ってきます。
鼻詰まりの症状がひどい場合は、お薬ももちろん大事ですが、
体の仕組みを知ってうまく利用して、自分で自分の体をコントロールするのも大事です。

口呼吸がなくなるとお顔立ちも体調も変わります。
それだけではなく、表情や目の輝き、心身の倦怠感も変わってきます。
口呼吸が悪いとわかっているけど、うまくいかないという方もいらっしゃると思います。
むやみに口を閉じてもうまくいかないものです。まずは口を閉じれる環境を整えることが重要です。
お子様やご自身の口呼吸でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。