いのうえ歯科・矯正歯科 instagram

フリーダイヤル/ 受付 9:30-19:00

0120-8020-33

〒854-0068 長崎県諫早市青葉台29
© isahaya - inoue dental clinic

2022年10月の休診日は、
1日(土)、6日(木)、10日(月)🎌、20日(木)、27日(木)とすべての日曜日休診いたします。
尚、22日(土)は、一般歯科のみ休診・矯正歯科は診療いたします。
また、13日(木)は、一日通常診療いたします。

 

こんにちは!
矯正医の井上です。

夏休みに入り、子供たちの日焼けを見てうれしくなります。
コロナが相変わらず猛威を振るっておりますが、日焼けした肌は元気に過ごしている証拠ですね。

さて、今日はお行儀のお話です。
『お行儀』とは・・・
社会の規範やルールを守る、気持ちよく過ごすために相手に礼節を尽くす、
社会の中で正しいと認められている手本とすべき立ち振る舞い
とのことです。

なんだか堅苦しくって、別に誰にどう思われたって関係ないよって声も聞こえてきそうですね。
『お行儀』や『躾(しつけ)』って最近あまり聞かなくなったような気もします。

英会話に、お習字、水泳、ピアノ、サッカー・・・
子どもたちは小さいころから大忙しです。早期教育がきっと大事なこともあるのでしょう。

そこに是非とも『お行儀』も加えていただきたい!!
なぜか!?
それは、『お行儀よく』が身体とあごを育てるからです!

例えば食事のときのお行儀。
たくさん唾液が出て、多彩な味を感じることができ、消化吸収の良い食べ方をするには、
背筋がしゃんとして、頭もまっすぐ、お箸でつまめる程度の量を口に入れて、お口を閉じて噛むのです。
猫背で、スマホやテレビ、本を見ながら、おしゃべりしながら、たくさん掻き込むように食べると、
濃い味付けしか感じなくなり、まともに噛むことなく飲み込んで、唾液による消化もされません。
お行儀よくすると、自然と食事の時の顎の動きが、お顔全体の成長発育をうながすような動きにもなります。

まっすぐ立つことができるか
背中を伸ばして座ることができるか

ここでつまづいてしまうお子さんも実は多いような気がします。
これでは、お行儀よくができないんですね。
姿勢が悪いといわれても、姿勢を保つ筋肉が使えない。
姿勢を保つことができないと、目を合わせることが難しいこともあるので
挨拶ができない、コミュニケーションがとりにくい。
スポーツ万能だけど、体幹はできていないのですぐ疲れる、怪我する。

立つ・座る・歩く・呼吸する

基本的な動きが、きちんとなされることがお行儀だと思います。
それは美しい身のこなしにもつながりますので、やっぱり見ていて気持ちがいいです。

幼い頃に
お茶碗もって、肘つかない、お箸で食べ物突き刺さない、たくさん詰め込まない、食べながらしゃべらない、途中で水のまない、
大人たちが口うるさくお行儀について躾けたのは、身体の成長発育のため、あごの正しい動きを導くためにも、大変理にかなっているのです。

いつも勉強に習い事に頑張っているから、うちではゆっくりダラダラさせてあげたい親心。
親だって仕事で疲れてるんだから、細かいところはほっといて欲しい・・・。
痛いほどわかります!!
でも、もしかしたら、その姿勢の悪さ、そのダラダラのしかた、
そもそも基本的な身体の成長発育がうまくいっていないサインかもしれません。

死語になりつつある、『お行儀よく』について、ちょっとだけ考えてみませんか?

こんにちは☀️
歯科衛生士の上戸です!

雨が続いて嫌だなーと思っていたら、今度は暑い日が続いてますね…
6月初の40℃を超えたところもあるとか…

寒いよりは暑い方が好きですが、今年の夏は猛暑になりそうなので熱中症に注意したいと思います!!
皆さんも体調には気をつけてください!!!

話は変わりますが、我が家では毎年夏野菜を何種類か育てることがあります。
今年は、トマトやきゅうりなどポピュラーな野菜ではなくすごく辛いハバネロやハラペーニョなどを育てています!

ハラペーニョはなぜか虫が付きやすく、とってもとってもつくので対策を考え中です!!

ハラペーニョは一個すでに収穫して、トマトとチーズと一緒に混ぜてオムレツにして食べました!
すごく辛かったですが、チーズのおかげで耐えられました笑
素手で調理してしまったので、洗っても時間が経ってから手や首などがピリピリして大変でした😭
今度作る時は手袋をしっかりつけたいと思います!!

こんにちは。受付兼まれに助手の岩田です。
この頃 暑かったり、寒かったり なかなか体のコントロールが難しいですね…。
皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は、歯医者さんらいしいブログを…。と思っていたのですが、またまた独り言にします。

なぜかと言うと先日、私の父自分の職場不登校の子供さん3家庭で各1名ずつ居ると言う話を聞きました…。父もまた『なぜ。どうして。』と思っていた様なので、私の経験誰かの何かのお役に立てばと思い今回は載せさせて頂きます。

不登校…。登校拒否親としてはホントにしんどいですよね。
何で?どうして?から始まり、曖昧な回答。そこからがどう対応したら良いのか。
まず、短期間で終わりません。。私も最初は1・2週間で終わるものと思ってました。。でも、そんなものでは終わりません。 私も、知人メディアやいろんな方向から情報を集めました。子供さんが「休みたい」と言ったその日から2・3日続くとそれは、不登校の兆候かも知れません。
なぜ?どうして?親子会議が始まると思いますが、お子様の意見は尊重し、共感し、聞いてあげて下さい。もちろんアドバイス経験談。。何でも話してみて下さい。。

6年ほど前、息子が「今日はスイミングに行きたくない」主張した事があります。でも私は「行きたくなくても行きなさい‼️」と、心を鬼にして行かせ、スイミングの雰囲気に飲み込まれれば泳ぐだろうと思い、強引送り出しました。しかし、息子は頑として泳がず、そもそも着替えもせず。スイミングの下駄箱の側にうずくまってたそうです。そしてスイミングから連絡が有りました。 お迎えです。。( 一一)

としては、行ったのなら頑張って、イヤでもやってほしいという思いもありますよね?
でもその当時のスイミングのコーチ怒りに溢れていた私に こう話してくれました。。

「行きたくない!やりたくない!としっかり自分の意見を言えるのはスゴイよ!
ちゃんと、自分の気持ちを伝えれて、表現もしてるから‼️
うちの子なんて何も言わんし、なにを考えてるのか全然わかんないけん。良い事だよ!

と言ってもらいました。 その当時は何で泳がんと⁉️ ってイライラしながら連れて帰りましたが、冷静になって考えてみると、コーチが言ったようにうちの子はちゃんと、自分の気持ちを話してくれる子なのだなと思うようになりました 。悪く言うとワガママとも思いますが、違う見方をすれば、ちゃんと自分の気持ちを親に言える子なんです。なので、不登校の子どもさんは、自分の嫌な事嫌とちゃんと親に言える行動に起こせるお子さんなのだと思います。

ちゃんと言える子供さんは、これまでの子育ての中で、お母さんがちゃんと子育て出来てる結果だと思います。これまで、子供の言う事にしっかり耳を傾けて来ましたよね? なので今でもちゃんと、行きたくないと親に伝えれてるじゃありませんか! 

とは言え、学校に行ってもらいたいですよね~
私も学校の意味とか仕事に行くにしても、朝礼は有る掃除も有るし、発表も有るし、学校でやってる事はあなたの将来ずっとしていかないといけないんだよ!何度も何度も話しました。しかし、子供の心には何一つ響きませんでした。。  押して押して押して!今度は引いてみました。
「じゃあもう勝手にすれば!あんたの人生やし、18才になるまではご飯は食べさせてやる!
その後は知らん! 勝手にしな!」

逆効果でした。。(=_=) 。

私は子供と色んな話をしました。 追っかけっこもしました。 私につかまる無理やりにでも学校に連れて行かれるので、私から逃げるようになりました。。何日も何日も…。。いくら走ってももう現役にはかないません。。諦めて仕事に行く日もありました。。
ある日の夜 息子と色々話しました。息子の言い分勿論聴きました。

母「でもね!お母さんが一番ハガイイのは!お母さんから逃げたこと!」子「だって無理やり連れて行くやん」
母「連れて行くさ!学校は行った方が良いから。 あのね、お母さんはね。あなたの敵では無いの!」
子「敵やん!無理やり連れて行くし、俺がしたくない事させようとするやん!」
母「むしろ逆!あなたの一番の味方なの! あなたがもし、学校で何かあったらお母さんはすぐ飛んで行くし、先生がパワハラしてるんなら、お母さんは校長先生に怒鳴り込んで行く!」
子「…」
母「あなたの事が大好きで、誰よりもあなたの事を心配してるの! あなたのことを一番心配してるのは、   お母さんなの!! あなたが嫌いで、嫌がらせで学校行けって言ってんじゃないの!!」

気持ちが高まりすぎて泣きながら息子に訴えました。ストレートに。真っすぐに。
息子の心
に届いたのか…。息子も泣きながらお互いの気持ちを言い合えたと時間だったと思います。

気持ちの確認上「やっぱり私を敵だと思ってたんだな~」と思う 良いきっかけにもなりました。。
息子からしたら『矛盾してる』ですよね。。したくないことさせてるから、愛情が無いなんて。。
そうじゃないんだけどな…。(/ω\)

かつて私も子供だった事がありあります。その頃の私も本当に学校行きたくない子供でした。
でも私は『母に心配させたくない』その気持ちいっぱいで必死に学校に行ってました。
クラスの男子の目は冷ややかで今で言うボッチです。
だけど、大好きな母に心配させたくないその一心で学校に行ってました。
なので、私は小さい頃そんな思いで学校に行っていたのに、あなたはお母さんに何も思はないの?と言う腹立たしい気持ちもありました。  しかし…。最近マヤ歴に出会い浄化させていただきました。

 私は根に持ってたんです…。それは、私は学校に行きたくないけど学校に行っていた。
心配させたくないから母は何も知らない。でも、母に気付いてもらいたかった?
その当時苦しかった私を知らない母にハガイかったのかな~。
この頃、反抗期みたいなのがありまして(笑) ホント今頃…。40にもなって?なんですが…。
もしかしたら、今の息子と、幼少期の私と、リンクしてしまったのかも? よくわかりませんが…。

マヤ歴の方幼少の頃の話をした後
『今の自分(現在の自分)が、その当時の自分、とにかく苦しかった時の(過去の)自分に今声をかけてあげるとすれば、何と言ってあげたいですか?』
問いかけ色々考えましたが涙が溢れだし。。(今でもブログ書きながら涙だしてしまうくらいですが。。)  「良く頑張ったね」でした。。
やっぱり私は学校が辛かったんです。。
過去の自分を自分で認めて褒めてあげたことで自分自身で浄化出来たように思います。 ちゃんとその当時、親に話せていたら、私もここまで根に持つことはなかったかも知れません

それとは逆に息子はちゃんと「行きたくない」主張出来てるので良い事とは思いますが、今度は親が参ってきます。。子どもの言い分を聞きすぎて、追い詰められてませんか? 自分の事は後回しになっていませんか? 自分自身を労わって、自分を褒めてあげる事も大事です。私は身を持って感じております(;^ω^)

最後に、職場です。
最近は共働きも多く子育て世代ではやはり急な発熱など付き物ですし、不登校。登校拒否となると1日や2日で終わりません。早くて半年。長くて2・3年以上。。長期戦です。その事理解してもらえる職場。。
一番大事です。 私はホントに、職場の方々に救われました。

いのうえ歯科に入社してまだ半年も満たない私が、子供の不登校・登校拒否での遅刻。欠勤。という勝手言い分にも関わらず快く「いいですよ。」言っていていただきました。
スタッフも誰一人嫌な顔もせず、私を受け入れて下さいました。。

私はその当時、ステップアップの教室へ一緒に行き
『今、あなたが学校に行きたく無い言い分がある有るのなら、今のこの時をあなたと一緒に居たい。時間がかかるなら待ちましょう。あなたの言いたい事教えて…。お母さんは聴きたい。。言葉がまとまらなくてもいい、上手く話せなくてもいい。お母さんはあなたの気持ちが聴きたい…。ゆっくりで良いから、あなたの気持ちを、お母さんに教えて。あなたは何が嫌なの?どうしたいの?」

ある日の学校での一コマです出勤しないといけない時間は刻々と迫ってました。
勿論、仕事を疎かにしたい訳ではありません。 しかし、その時息子の様子など見て…。不登校となろうとする今、息子と話したい一緒に居たいこの子は何をどう考えているのだろう。。仕事の時間…。行かなきゃ。。でも今この時間を逃したらきっと後悔する。。息子と向き合いたい。。
 院長ごめんなさい! 子供の事を一番に考えたい。 そんな心境の中日々葛藤しておりました。

しかし、いのうえ歯科の院長は、どんな時でも、急な時でも、毎日続いても嫌な顔も無くスタッフも嫌な顔一つせず、不登校の息子も一緒に受け入れてくれました。。本当にありがたっかたです。
もしあの時、「また?とか、今日も?」なんて言われたりすると、私は板挟みになって、学校に行けない息子に暴力や暴言を吐いたりして、余計に悪循環になっていたかも知れません母親が余裕を持って子供と向き合える環境は大事だと思います。

とは言え、良い環境で不登校。登校拒否の子供に向き合って行くにも、母だって人間です
心は折れそうになりますし、必死に持たせようとします。
そんな時私は、あるスタッフの言葉に救われました。

「お母さん大変ですね! お母さん頑張ってますね!」 私は思わず涙が溢れ出しました(/ω\) 解放されたんです。これまで針積めていた風船が…。 パンと弾けたんだと思います。。

嬉しかったんです。 頑張ってる私をわかってくれている人が居るんだ!!って。。仕事を急遽休んだりしてるのに…。 ありがたい一言でした。。

あの時声をかけて下さって、本当にありがとうございました。
私はその言葉のお蔭でまた、お母さん頑張れました( *´艸`) 

今では、ほとんど学校に行けるようになった息子ですが、最近、話してくれました。
僕ね、お母さんの言った言葉で今頑張れてるよ

「与えられた場所で咲きなさい」

えっつ!マジ? お母さんそんなカッコイイ事言ったっけ?
とまでは言えませんでしたが、色々話し過ぎて本当に覚えていない(;^ω^) でも息子『与えられた場所で頑張ろう!頑張ってみよう!』息子の心に響いてくれたみたいです( *´艸`)。
そうなんだ。。お母さんの話も聞いてない様で、ちゃんと聞いててくれてたんだな~。と思いました。

何がいつどこで何のタイミングでまたやる気スイッチ入ってくれるか先の見えない不登校。。
でもいつか、終わりは来る! あの時あんなだったのに~笑って話せる日が必ず来る!
そう信じて。。自分を信じて。子供を信じて。大丈夫、私は間違った子育てはしていない。。

 私そう言い聞かせて、毎日子供に向き合ってたかな…。。

たわいもない日常だったり、感情だったり。。
これが全てでは無いですし、これが正しかったのか分かりませんが、
この投稿が、どこか誰か何かお役に立てたら良いなと思い掲載させていただきます。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。